シロアリはホウ酸でやっつけなさい!(書籍)

木の住まいを人に優しくコストのかからない長期優良住宅

シロアリはホウ酸でやっつけなさい


本書内容

人体への安全性が高く、効果が長期間持続するホウ酸塩防腐防蟻剤。2012年3月に認可され、今後シロアリ対策の主流になると注目されています。本書は木造住宅の基本から、シロアリとはどういうものか、ホウ酸塩の特性など基礎的な事項をふまえたうえで、海外での事例、実際の用い方などこれからの住まいのシロアリ対策について紹介します。業界関係者テキストとして必読・必携の書!

目次

  • 第1章 ながもち・健康な木造住宅
  • 第2章 ホウ酸塩とはどんなものか
  • 第3章 シロアリってなんだ
  • 第4章 日本の住まいとシロアリ
  • 第5章 海外のシロアリ対策
  • 第6章 日本のシロアリ対策
  • 第7章 これからのシロアリ対策
  • 第8章 ホウ酸をつかった住まいの害虫退治

著者紹介

著者 荒川民雄
荒川 民雄(あらかわ たみお)

理学博士 

一般社団法人日本ホウ酸処理協会 代表理事
(有)ボロンテクノロジー社長
NPOホウ素系木材保存剤普及協会 理事など

日本におけるホウ酸処理の“第一人者”。
米・ボラックス社の技術顧問として、日本で10数年ホウ酸処理を広める活動を続けており、JIS規格の改正などに実績がある。
ノーベル化学賞の根岸英一氏とは、東京大学時代からの友人。


1959年、東京大学工学部応用化学科卒業。
1959-94年、合成繊維会社で高分子材料の技術開発に従事。在職中の1961年、フルブライト留学生として渡米。
1964年、Cornell大学化学科博士課程終了。
1994-1998年、マイウッド株式会社研究所長としてスギの用途開発に従事。
1999年、コンサルタントとしてホウ素系木材保存剤の公的認証推進と普及に携わる。