基礎外断熱のシロアリ被害

日本ボレイト工事部の玉井です。

日本ボレイトでは基礎外断熱にシロアリの被害があった場合はこんな処理をしてます。

外周部が土壌であれば断熱材の下端に土壌処理を施したり、外周部が犬走の場合は断熱材に直接穴を開けて処理をします。しかも2段に分けて。下の段は5年ほどしか効果の持続はありませんが、シロアリが触れれば死んでしまう殺虫剤。上の段は濡れない限り効果の続くホウ酸の防蟻剤。床下はもちろんホウ酸の防蟻剤を使用します。

基礎外断熱からの侵入被害は、外周にも床下にも蟻道が見られません。

穿孔

上下2段に分けて2種類の薬剤を注入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)