木造住宅の"害"敵

シロアリ・腐朽菌・キクイムシ

地下シロアリ:イエシロアリ・ヤマトシロアリ

地下シロアリ:イエシロアリ・ヤマトシロアリ

地下シロアリ:イエシロアリ・ヤマトシロアリ

シロアリの代表的な種類は、日本全土にみられるヤマトシロアリ、関東以西に生息するイエシロアリです。 これらは、地下を移動しながら樹木などに含まれるセルロースを加害するので「地下シロアリ」と呼ばれています。 ヤマトシロアリは、地中を移動し、土中や木材の加害箇所が巣となります。 多湿なところを好み、一般家屋では台所、風呂場などの水場周りに被害が多く見られます。 羽アリは4〜5月の雨の日の翌日、晴れた日のお昼前あたりから飛ぶことが多いです。 イエシロアリは、地中や建築物の中などに塊状の巣を作り、水を運ぶ能力長けているので比較的乾いた木材まで移動して食害することができます。 巣(コロニー)は大きな物では100万頭に達する巨大なものになります。 6〜7月の風の無い夕方から夜にかけて、数千〜数万の羽アリがいっせいに飛び立ち、電灯などに集まります。

乾材シロアリ:アメリカカンザイシロアリ・ダイコクシロアリ

乾材シロアリ:アメリカカンザイシロアリ・ダイコクシロアリ

乾材シロアリ:アメリカカンザイシロアリ・ダイコクシロアリ

日本にはダイコクシロアリやアメリカカンザイシロアリが生息しています。 最近特に多いのはアメリカカンザイシロアリの被害です。 日本では1976年に初めて発見され、現在では日本全国に広まっていると考えられています。 乾燥材を加害し、家屋の屋根裏、窓枠や柱、畳、時には家具からも発生します。加害材の孔から、乾燥した俵状のスジの入った砂粒状の糞を排出します。 地下シロアリと違い、乾燥材にほんのわずか含まれる水分だけで生きることが出来るので、蟻道を作らず加害場所が巣を兼ねます。そこから羽アリとなって飛び立つので被害は家全体に広がり、巣をたくさん作られるので駆除は困難を極めます。 羽アリの群飛は、6〜9月に小規模ずつ何回も発生し続けることが多いですが、暖房している室内では羽アリが1年中発生する事があります。

アメリカカンザイシロアリ特集ページ

木材腐朽菌:キノコ

木材腐朽菌:キノコ

木材腐朽菌:キノコ

木材を腐らせる菌類の総称。 大きくは、白色腐朽菌と褐色腐朽菌の2種類に分けられます。 白色腐朽菌(はくしょくふきゅうきん)はサクラやケヤキ、ブナなどの広葉樹を好み、木材中のリグニンを分解する能力を持ち、白色のセルロース、ヘミセルロースを残し、木材を白く変色させることから、白色腐朽菌と呼ばれます。 白色腐朽菌は、褐色腐朽菌に比べ寒さや直射日光に強く、乾湿の繰り返しの激しいところや寒暖差の大きなところなど環境の変化が激しいところでも生育するものが多いです。 褐色腐朽菌(かっしょくふきゅうきん)はマツやスギなどの針葉樹を好み、セルロースやヘミセルロースなどを分解して、褐色のリグニンを残し、木材を褐色・黒色に変色させることから、褐色腐朽菌と呼ばれます。 褐色腐朽菌は多湿で風通しや日当たりの悪いところを好みセルロースを酵素的に分解し、最終的に水を作ります。それにより木材水分を調整して、繁殖条件を整えています。

キクイムシ(ヒラタキクイムシ)

キクイムシ(ヒラタキクイムシ)

キクイムシ(ヒラタキクイムシ)

体長2~8mmほどと個体差は大きく、色は暗褐色で、体型は細長く平たい。 建築時の被害材の使用、被害家具の持ち込みなどにより家屋に侵入して、床、柱、壁、下地材などの建材や家具を食害します。 導管に産みつけられた卵が孵化し、幼虫が木材内を食害します。蛹を経て、成虫になり、毎年4~8月ごろ、成虫が被害を与えていた木材から飛び出します。 そのとき、鉛筆で刺したような脱出穴を開け、そこからきな粉のような糞がこぼれ出ます。 脱出した成虫は交尾し、また導管に産卵します。 このように、ヒラタキクイムシは一度出てしまうとなかなか止めることができません。それはアメリカカンザイシロアリの被害と似ています。 被害は導管のある広葉樹材と竹材に限られ、針葉樹材は被害にあいません。

シロアリが・・・??木材住宅の大害虫が生態系を支えている?!

分解者・シロアリ

分解者・シロアリ

分解者・シロアリ

木材(樹木の幹)は主に「セルロース」という炭水化物でできています。セルロースには糖分が含まれていて、栄養価も高い。しかし、とても分解しづらい物質で、人間を含む多くの生物はセルロースを消化することができません。 これを分解し、栄養とできるのがシロアリやキノコなどの木材劣化生物です。 このように、シロアリはセルロースをほぼ独占することができ、繁栄を続けてきたのです。

動物性たんぱく質・シロアリ

動物性たんぱく質・シロアリ

動物性たんぱく質・シロアリ

そんなシロアリの天敵は、クロアリです。 分解困難なセルロースをシロアリが食べ、そのシロアリをクロアリが食べる。つまり、クロアリはシロアリを食べることによって、セルロースを間接的に食糧にできているのです。食物連鎖のスタートです。 このように、シロアリは、分解困難なセルロースを動物性たんぱく質に変換しています。生態系から見ればとても重要な生きものなのです。

益虫? 害虫?

益虫? 害虫?

益虫? 害虫?

シロアリは木造住宅にとって大害虫です。 しかし、生態系を底辺でささえる大益虫でもあります。 そして「どこにでもいる」ということも知っておきましょう。 街を歩いていても、たとえば立木をささえる杭の割れ目に、ころがっている丸太の下に、枯れ木に、切り株に。

寄せ付けない工夫を

寄せ付けない工夫を

寄せ付けない工夫を

シロアリは寒さに弱いですが、冬眠できません。 寒い冬でも弱々しくも活動しています。 地中に埋設されたケーブルの被膜をかじってしまうのも、暖かいからなのでしょう。 そんなどこにでもいるシロアリが寒い中、エサを探しています。 すると暖かい場所に行き当たりました。 排水枡でした。 きっとお湯を使っているのでしょう。 そこから続く暖かい配管沿いに伝って行きます。 基礎にたどり着きました。 そこに断熱材でもあればしめしめです。 シロアリが寄りづらい、入りづらいご提案ができます。 お気軽にご相談ください。