長期にわたる安心を

こんにちは。國信です。

そろそろ蚊の存在を感じる季節なってきましたね。

え、そんなところ!?ってところを奴らは狙ってきますよね。

指の関節を初めてさされたときの地味な驚きを覚えています。そこそんなに血、流れてなくない?

 

ところで、みなさんの血ではなく、家を食い荒らすシロアリの存在をちゃんと感じていますか?

 

 

木造住宅の2大劣化原因と言われるシロアリと腐れは、予防をしておかないと大きな地震による倒壊の危険性が高いのはイメージできると思います。 大きな地震が発生するたびに住宅の倒壊がニュースになります。 木造住宅の構造上重要な柱や壁がシロアリにやられていたら。。。 腐っていたら。。。。

浴室まわりは腐れ、シロアリの被害が多いため地震に弱いです。地震の観点でいえば、合成殺虫剤による防腐防蟻の効果は短期間ですので、再処理できない部位の劣化が考えられます。 再処理できない部位がほとんどの近代住宅は、長期にわたり効果を発揮し続ける防腐防蟻処理が求められます。

長期にわたり腐れやシロアリによる劣化を寄せ付けないホウ酸処理は世界基準で、日本でも今、採用事例が急激に増えています。

日本ではホウ酸処理が認定されて7年になります。現在でも、ホウ酸処理されている部位はシロアリの被害報告は一切ありません。 効果は、これからも効き続けます。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)