まっしろ白すけ

こんにちは。8月から新しく日本ボレイトの一員となりました板垣です。

所属は総務部ですが、時には噴霧器片手に施工現場の応援にも向かいます。すると、“百聞は一見にしかず”、知識だけ学んでいた事を「あぁ、なるほど」と実際に理解できるケースが多々あるんですね。で、その最初の「あぁ、なるほど」は、ホウ酸の性質について。

ホウ酸処理のメリットとして、安全性、効果の持続性、木材への浸透性があるというのは、入社後のチュートリアルで学びましたが、いざ現場に出て作業を終えてから、自分の服を見てビックリ。

まっしろ白すけの服(お見苦しい画像でスミマセン…)

服がホウ酸の水溶液で濡れていたのはわかっていましたが、乾くとまっくろ、じゃなかった、まっしろ白すけになっていました。この白すけ、手ではたいても擦っても全然落ちない。そこで、これもチュートリアルで学んだ、ホウ酸処理の水(お湯)に対する弱さのことを思い出し、服を温かいシャワーで洗ったところ…

お湯で洗っただけでこの通り

洗濯機の宣伝みたいですが、石鹸も洗剤も使っていないのにきれいスッキリ。ホウ酸の特徴とはこういうことなのかと、身を(服を?)もって理解した次第です。

もしどこかの建築現場で、こんなまっしろ白すけを見かけることがあれば、それは私たちホウ酸屋かもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + twenty =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)