シロアリ侵入経路遮断処理

こんにちは、工事部の桃です。

今回は、シロアリ侵入経路遮断処理についてお話したいと思います。

シロアリは少しでも隙間があれば侵入してきます。

 

 

配管

水抜き穴

セパレート金具

このような配管、水抜き穴、セパレート金具等の隙間から侵入されます。

そのため侵入経路遮断処理をして隙間を塞ぎ、侵入を防ぎます。

そこで使うのがホウ酸入りのシーリング剤、パテのボレイトシール、ボレイトフィラーです。

 

小さい隙間にはボレイトシール、大きな隙間にはボレイトフィラーを使い侵入を防ぎます。

 

配管

水抜き穴

セパレート金具

侵入経路を遮断することによりシロアリによる被害リスクをかなり減らすことができます。

既存の床下でもこのような処理はできます。

シロアリ侵入遮断処理+ホウ酸による防腐・防蟻処理でお家を守り、お家を長生きさせましょう。

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策はボロンdeガード!

日本ボレイト株式会社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


five + four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

施工研修

次の記事

環境の日