シロアリ侵入経路

工事部の立岩です。

調査で発見するシロアリ侵入経路を1つ紹介したいと思います。

床下はコンクリートだから大丈夫と思っている方も多いでしょう。ちょっと危ないです。。

布基礎(床下が土)の場合、地盤面からの水蒸気を防ぐためにコンクリートを打設する場合があります。

 

 

防湿コンクリートを打設した場合にはここに隙間が出来てしまいます。

ここがシロアリの侵入経路となってしまうのです。

被害の様子ですが、防湿コンクリートと基礎立ち上がりの隙間から侵入し蟻道を作っています。怖いですね。。。

このような場合には駆除処理を行った後、ボレイトシールにて侵入経路遮断処理を行います。

こうして侵入経路を遮断し、木部にホウ酸処理をすることでよりシロアリ対策の効果が上がります。

シロアリから大切なお家を守りましょう!!

 

 

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策は
ボロンdeガード!
日本ボレイト株式会社

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


five × 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

男って…