侵入経路遮断処理

工事部の立岩です。

ボロンdeガード工法では木部のホウ酸処理と併せてシロアリ侵入経路遮断処理を行います。

新築施工の場合はもちろんですが既存施工でも処理をする事が可能です。意外と床下がコンクリート(ベタ基礎)であってもシロアリが入れてしまう隙間があります。一次防蟻として侵入経路を遮断します。可能な限り塞ぐ事でシロアリ被害のリスク下げることができます。使用する材料はホウ酸入りのシーリング材、パテ材。ボレイトシールボレイトフィラーです。

 

写真のように侵入経路を遮断します。まずは一次防蟻としてシロアリ侵入経路を遮断する。そして二次防蟻で木部へのホウ酸水溶液の噴霧。

このような対策をボロンdeガード工法では行っています。

床下がコンクリートだからといって安心することなくシロアリ対策を一度検討されてみてはいかがでしょうか。

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策は
ボロンdeガード!
日本ボレイト株式会社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


one × 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)