怖いアルバムジャケット

皆さんこんにちは!

総務部の内田です。

今日は1つちょっと怖い話をします。

イギリスの有名なロックバンド、ザ・ローリングストーンズが1967年に発表した「フラワーズ」というアルバムがあるのですが、このアルバムジャケットが実は不吉なことを予兆していたとよく言われています。

アルバムジャケットに花が咲くようなデザインでメンバー5人の顔がそれぞれ載っていますが、右から2番目のメンバーだけ葉っぱがないことがわかります。

このメンバーの名前はブライアン・ジョーンズ。

彼は残念ながらバンド脱退後の1969年にお亡くなりになりました。

彼の死亡が確認されたのが救急救命室だったのですが、ここであることに気づきます。

アルファベットのEとRの部分から、彼の茎が生えていることがわかりますよね。

救急救命室を英語で言うとEmergency Room。

たまたまこうなったとは言い難いですよね。

著作権の都合で写真は載せられないので、皆さんも是非検索して見てみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1 + nine =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)