床下のホウ酸処理。

こんにちは、工事部の市村です。

床下のホウ酸水溶液の噴霧処理のお話をしたいと思います。

まず最初に配管周り、水抜き穴やセパレート金具などのしろありの侵入経路になる箇所を

ボレイトシール(ホウ酸入りのコーキング材)

ボレイトフィラー(ホウ酸入りのパテ材)

などを使い、しろありの侵入経路遮断処理を行います。

 

これは「1次防蟻」に分類されます。

そのほかにも、ベタ基礎や土壌処理などがあります。

その後、見える木部などをホウ酸水溶液でしっかりと噴霧処理します。

 

これは「2次防蟻」に分類されます。

処理の忘れがないようにしっかりと。

これで、安心ですね。

「安全で効果が低下しない」そんなホウ酸処理はいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


four × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

卒業式