床下のない家

こんにちは、工事部の末永です。

先日、久しぶりに床下のない新築の現場で作業してきました。

床下の無い家、または、床下が狭くて潜れない現場では定期検査の時に床下を確認できないため、セパレート金具、水抜き穴、配管回りなどのシロアリが通れる隙間をふさぐ「シロアリ侵入経路遮断工事」が必須になります。

ボレイトシールでしっかりと処理をしてきました。

ボレイトシールやボレイトフィラーで物理的にふさぐことで、ボロンガードの効果を高めることができ

より安心安全なお家にすることができます‼

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策は
ボロンdeガード!
日本ボレイト株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2 + 10 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

福岡の納豆