【ボレイト養蜂部】田んぼの巣箱が全滅

田んぼに置いてある養蜂箱の内検に行ってきました。

心配していたことがお起こりました。

2つの巣箱の蓋を開けてみましたが、

どちらも蜜蜂の死骸が落ちているだけでした。

スズメバチのトラップにもどっさりとスズメバチが入っていましたが、

これだけでは焼け石に水だったようです。

本来、セイヨウミツバチは日本では飼育下でしか生きられません。

それは、天敵であるスズメバチに自らは対抗手段を持たないため、

攻撃を受けると、一方的に虐殺されてしまうのです。

どうやって蜜蜂を守ることができるのか、

途方に暮れてしまいました。

稲刈りが終わった頃、とりあえず巣箱を回収し、

別の置き場所を探してみることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


four − three =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

法律とシロアリ・腐れ