【ボレイト養蜂部】週末養蜂家が増えている!

安い海外のハチミツに押され、日本の養蜂家は年々減少傾向にあるようです。

養蜂で生計を立てているプロの養蜂家は日本に約6,000軒といわれ、

その多くは農家が副業的にやられているのが実態のようです。

その一方で、ニホンミツバチの人気が2000年以降高まり、

趣味で養蜂をやられている「週末養蜂家」は増えているようです。

届け出を出している週末養蜂家は4,000軒ほどのようですが、

実際には10倍以上の週末養蜂家がいるのではといわれています。

養蜂は、ハチミツが採取できるだけでなく、

農作物や植物の受粉媒介に大活躍してくれます。

プロの養蜂が難しい日本では、週末養蜂家が増えることで、

ミツバチによる受粉媒介の穴埋めがされていくのかもしれません。

因みにハチミツの日本の自給率は5~6%ほどとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


8 − 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)