巨大シロアリコロニー駆除の戦いでついに人類が初勝利(イギリス)

広報部、杉山です。
昨年暮れにオンラインニュースサイト「Gigazine」で、驚きの記事を読みました。

イギリスで、27年にわたるシロアリの巨大コロニー駆除作業が完了し、ついに根絶に成功したというのです。
1994年、英デヴォン州の温室に端を発したシロアリ被害を調査した結果、地下に巨大なシロアリのコロニーを発見。
この「イギリス初のシロアリのコロニー」を水際対策で根絶すべく、大規模なプロジェクトが展開されたそうです。
具体的には「シロアリの成長と繁殖を阻害する昆虫成長調整剤を投入」したとありますが、どんな薬剤なのかは不明です。
しかし、結果として2021年5月に行われた最終調査によって、「シロアリの根絶」が確認されたとのこと。
イギリスの大手紙The Guardianは「人類の創意工夫と我が国の血気盛んな気質によって、シロアリを心配しなければならない未来から国を救うことができた」と称賛。

さすがに日本で同様の対策は無理ですが、シロアリ拡散防止のため上物である建物の取り壊しを禁じ、「シロアリを寄せ付けない建物」を造ったというあたりは、外来種アメリカカンザイシロアリの対策として通じるものがあります。
徹底した撃滅戦という方針も、イギリスならでは。
風土的にも、国民性的にも、日本人はシロアリと共存するしかないなあとあらためて思ったりしました。

詳しくはこちらのリンクをどうぞ。

●27年にわたる巨大シロアリコロニー駆除の戦いでついに人類が初勝利、イギリス全土でのシロアリ大繁殖を阻止することに成功

人気ブログランキング

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策
ボロンdeガード!
日本ボレイト株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


1 × three =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

くまモン