【ボレイト養蜂部】スズメバチ対策は今が大事

前回の記事でオオスズメバチの女王蜂を捕獲した写真をご紹介しましたが、

今頃はシロアリだけでなく、ミツバチやスズメバチも繁殖の時期です。

昨年は夏を過ぎた頃に設置したスズメバチ用トラップですが、

結果的にスズメバチに全滅させられてしまい、

本当は繁殖をはじめる前のこの時期にこそ対策することが重要だと痛感しました。

そこで、今年は早めにスズメバチ用トラップを養蜂箱の近くに2つ設置しました。

しかし、昨年はどっさりとトラップに入ってくれたスズメバチですが、

今回設置したトラップには、スズメバチはなかなか入ってくれません。

この時期に飛んでいるのは働き蜂ではなく女王蜂がほとんどで、

飛んでいるのを見かけるのですが未だ一匹も入っていません。

どうも女王蜂と働き蜂ではトラップの効きも違うようです。

仕方なく飛来したオオスズメバチの女王蜂の2匹目を虫取り網で捕獲しました。

例によって粘着シートに貼り付けましたが、粘着シートにも集まらないので、

やはり、働き蜂と女王蜂とでは特性が異なるようです。

一匹一匹捕獲するしかないのか―。スズメバチとの闘いは続きます。

 

人気ブログランキング

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策
ボロンdeガード!
日本ボレイト株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


13 − 10 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)