ボレイトシール

工事部の染谷です。

ボロンdeガード工法では新築の施工時にシロアリの進入路遮断工事で、ボレイトシールを使って防蟻性能を高めております。

基礎貫通配管部や水抜き穴、セパレート金具の隙間等の基礎に開いている穴はもちろん、玄関土間の打継部へも施工してシロアリ被害のリスクを低減させることができます。

 

 

ボレイトシールの特徴である、いつまでも柔らかさを保ち施工部位の動きに追従する事で隙間を永く埋めていられる事が現場で大工さんを悩ませることがあります。

それは、電気コードや靴につき易い事でご迷惑をお掛けする事があるという事が唯一のデメリットかもしれません。

そこでこの様な配慮をさせて頂き、大工さんの道具を汚さない工夫をしてきました。

こうして…
こう

やはり現場で何度もお会いする大工さん。気持ちよく現場に入らせて頂けるように心掛け、より良い施工が出来る様に工夫する事もホウ酸屋さんの務めではないでしょうか?

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策は
ボロンdeガード!

日本ボレイト株式会社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


8 + 10 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

ダスティング処理

次の記事

おやつ作り