木の枠

こんにちは、工事部の市村です。

以前、床下の施工にお邪魔した築40年ほどのお宅で束石(床束を載せるための石の事)に木の枠が付いたままでしたのでご紹介します。

まず、写真を載せますね。

これは、束石になるブロックを造る際に木の枠を最初に設置してその中にコンクリートを流し込んで固めます。

コンクリートが固まってしまえば必要が無い物なので撤去してしまうことが望ましいです。

なぜならば、木部が直接土に触れているためしろありのエサになってしまうためです。

これは、良くない事なのでハンマーなどを使い撤去しました。

すべての束石に付いていたので、すべて撤去した後にホウ酸処理溶液でしっかりと噴霧処理をしました。

これで、安心ですね。

 

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策は
ボロンdeガード!
日本ボレイト株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


17 + 9 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

映画道楽10

次の記事

防除工事