津波に耐えた「宇宙船」


広報部、杉山です。
ながいき住宅実現のため、ホウ酸処理を推進している我が社に勤めていると、つくづく住宅、そして建築物のつくりは大切であると思わされます。
先日新聞で、そうした思いをあらためて深くした記事をご紹介します。
宮城県石巻にある、石ノ森萬画館というミュージアムについてのお話です。
これは、「仮面ライダー」や「サイボーグ009」で有名な漫画家、故石ノ森章太郎氏を記念した施設です。
まるで、氏の作品に出てくるような宇宙船にも似た特徴的なフォルムですが、このフォルムが実はカッコよさやスタイルを追求したものではなく、災害時の対応を考えてのものだったというのです。
2011年3月11日、石巻を襲った津波の中で、この施設が津波に耐え、人々が身を寄せただけでなく、所蔵した原稿類も守り抜いたというの驚きです。
無料登録で全文読める記事なので、ぜひご覧ください。
我が社も、水害発生後のさまざまな対応にホウ酸を活用する道を模索しています。
こちらも、ぜひご期待いだければと思います。
↓記事はこちらから。
●中洲の「宇宙船」耐えた守った

人気ブログランキング

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策
ボロンdeガード!
日本ボレイト株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


eleven + 15 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

アメリカカンザイ保証

次の記事

映画道楽17