【ボレイト養蜂部】きれいな火が灯りました

前回の記事でつくった蜜蝋キャンドルに無事に火が灯りました。

パラフィンの蝋燭のアルミカップを再利用したのですが、

パラフィンの蝋燭よりも炎が長くて、きれいな感じがします。

ただ、パラフィンは灯芯が燃え尽きると残りがほとんどなくなってしまうのに、

蜜蝋だとだいぶ残ってしまい、燃え尽きさせるのは難しい感じです。

蜜蝋の場合は、昔ながらの和蠟燭のような作り方が向いているのかもしれません。

人気ブログランキング

ホウ酸による安心・安全なシロアリ対策
ボロンdeガード!
日本ボレイト株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


twelve − four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)