住環境の安全性

こんにちは。クニノブです。
インフルエンザなどものともしなかった私も、花粉の猛威には思わず膝をつく毎日です。
体調を崩さないように、気を遣う日々がつづきますね。

健康のためには、まず住環境の安全性が大切だと思います。
特に新築住宅で、防蟻処理に合成殺虫剤を使うというのは、住まい手の健康にとってとてもリスクの高い行為です。
防蟻剤として認定されている殺虫剤は、農薬で使われている成分です。
「農薬散布中につき通行注意」という看板や、「外出を控えてください」という回覧板を見た事ありますか?
これは、女性、子供、胎児に注意という意味であることは誰でも理解できると思います。
殺虫剤処理を防蟻工事で使うのは、世界中で日本だけです。
消費者庁にもたくさんのクレームが上がっています。

化学物質過敏症、シックハウス症候群の原因とも言われています。
このようなものをで使うべきではないのは言うまでもありません。
合法であっても、健康に悪いものを平然と使い続けるのはナンセンスです。
再処理も必要な上、建物の規模で、金額も膨れ上がります。
いっぽうホウ酸による防腐防蟻防カビ処理は、子供、胎児、ペットに安心安全です。
今年、新築住宅をお考えの皆様、ぜひ一度日本ボレイトにご相談ください!

日本ボレイト株式会社


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


3 × 5 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)